Ta-Chih(TC)HSIAO | シャオダジ

リサーチ

過去数年間、私はいくつかのNSC / MOSTプロジェクトを実施しており、次の3つのカテゴリに分類できます。
エアロゾル計装
大気エアロゾルおよび周囲モニタリングPMおよびナノ粒子毒性

大気エアロゾルと周囲モニタリング
雲凝結核、CCN

(MS。学生:Edgar Yeh、James Yeh、WJHsieh;南シナ海大気質国際モニタリング協力プログラム/ EPA / EPA-102-FA11-03-A217))

    この研究では、東南アジア北部(タイのドイアンカーン)のバイオマス燃焼(BB)発生源地域の近くと、風下の受容体地域(台湾のルリン大気背景ステーション)で測定されたCCNを示します。 2013年3月13日から20日まで、東南アジア7研究(7-SEAS)の春のキャンペーンの一環として、DAKは初期と後期の2つの異なる気象システムの影響を受けたため、詳細なデータ分析の「黄金の日」として集中観測が選択されました。この期間。ARおよび吸湿性(κ値)の観点からのBBエアロゾルのCCN活動は、火災数、粒子サイズ、BC質量濃度、およびDelta-C値などの他の変数の日変化で調査および分析されました。κ値地上測定に基づく東南アジアのBB発生源地域では、非常にまれであり、地球規模の気候モデリング研究およびCCNの研究に価値があります。これらのデータは、CCN活動およびBC質量の最も広範な特性を提供します。これまでの東南アジア(SEA)におけるBBエアロゾルの濃度。

 

  1. Ta-Chih Hsiao *、Wei-Cheng Ye、Sheng-Hsiang Wang、Si-Chee Tsay、Wei-Nai Chen、Neng-Huei(George)Lin、Chung-Te Lee、Hui-Ming Hung、Ming-Tung Chuang、 SompornChantara。2013BASELInEキャンペーン中のバイオマス燃焼エアロゾルのCCN活動、BCおよびUVBC質量濃度の調査。エアロゾルおよび空気品質研究、2015年受理。

  2. Ta-Chih Hsiao *、Neng-Huei Lin、Si-Chee Tsay、Sheng-Hsiang Wang、Zhong-Sin Ye、Wei-Cheng Ye、2013 BASELInEキャンペーン中のバイオマス燃焼エアロゾルの微物理的特性の概要、2014年国際エアロゾル会議、韓国、釜山、2014年8月28日〜9月2日。

大気エアロゾルの光学特性

(修士課程の学生:Edgar Yeh James Yeh、WJHsieh;ルリン山と離島のバックグラウンドステーションが国際科学技術の研究と運用および保守に参加/ EPA / EPA-103-U1L1-02-101)

    台湾の中心部にあるルリン大気バックグラウンドステーション(LABS、23.47°N120.87°E、2862 m ASL)は、大気汚染物質の長距離輸送を調査するために2006年に建設されました。最近の研究では、これらの長距離輸送が示唆されています。汚染物質は高い姿勢で台湾の近くに到達する可能性があります(Wai et al。、2008; Sheu et al。、2010; Ou-Yang et al。、2012)。この研究では、放射強制を推定するための2つの重要なエアロゾル光学特性質量散乱効率(MSE)と質量吸収効率(MAE)を調査しました。MSE(またはMAE)は、PM2.5のグラムあたりの散乱(または吸収)強度を意味し、散乱(または吸収)吸収)係数および対応するPM2.5質量濃度。データは、ネフェロメーター、粒子煤吸収光度計、テーパー要素振動マイクロバランス、および走査移動度粒子サイザーを使用して2013年から2014年に収集されました。HYSPLIT5日間後方軌道バイオマス燃焼(BB)イベントまたは非バイオマス燃焼(NBB)イベントを分類するために、理論が使用されました。さらに、これらの観測されたエアロゾル光学特性に基づいて、放射強制効率も推定されました。

 

  1. 「台湾のルリン大気バックグラウンドステーションにおけるエアロゾル光学特性の特性」と題された原稿が準備されていました。

  2. Wei-Chung Ye、Ta-Chih Hsiao *、Sheng-Hsiang Wang、Neng-Huei Lin、Si-Chee Tsay、台湾のルリン大気バックグラウンドステーションでのエアロゾル光学特性の特性、2015年アジアエアロゾル会議、金沢、日本、6月。 2015年24〜26日。

  3. Wang、SH *、Welton、EJ、Holben、BN、Tsay、SC、Lin、NH、Giles、D.、Stewart、SA、Janjai、S.、Nguyen、XA、Hsiao、TC、Chen、WN、Lin、TH 、Buntoung、S.、Chantara、S。、およびWiriya、W. 2014年7-SEASキャンペーン中のインドシナ北部における春のバイオマス燃焼エアロゾルの垂直分布と柱状光学特性。エアロゾルと大気質の研究、2015、15、2037- 2050年。

  4. Andrew M. Sayer *、N。ChristinaHsu、Ta-Chih Hsiao、Peter Pantina、Ferret Kuo、Chang-Feng Ou-Yang、Brent N. Holben、Serm Janjai、Somporn Chantara、Shen-Hsiang Wang、Adrian M. Loftus、 Neng-Huei Lin、Si-CheeTsay。7-SEAS/ BASELInE2015期間中のタイのドイアンカーンでのバイオマス燃焼エアロゾルの現場およびリモートセンシング観測。エアロゾルおよび大気質研究、2015年受理。

     

 

新鮮および老化/長距離輸送バイオマス燃焼エアロゾルの吸湿性挙動

(MS。学生:Edgar Yeh、KC Chen、James Yeh、WJ Hsieh)

    この研究では、私たちは提案します

  1. 吸湿による直径(体積)の変化と質量の変化を研究するための吸湿性タンデム差動移動度アナライザー(H-TDMA)と吸湿性結合DMAおよびAPMシステム(H-DMA-APM)を確立する。

  2. 特定のRHでの散乱係数間の比率である散乱増強係数f(RH)を決定するための湿式および乾式比濁計を確立する。

  3. 3つの異なる方法(GFdに基づいて計算、散乱増強係数f(RH)、およびドライPSDに基づいて取得、S-スキャンの操作によるCCNc測定に基づいて推定)によって評価されたκを比較および分析します。